解決!名刺印刷業者6サイト

ホーム > 名刺の印刷について > 名刺は自分をアピールするツールです

名刺は自分をアピールするツールです

 名刺はビジネス以外にも使われるようになっていて、学生やサークル活動など多岐にわたります。
そこでポイントになるのが自分をいかにアピールすることができる名刺が作れるかです。
まずは、デザインを考えることが大切であり、一から自分で考える場合にはイメージを膨らませることが大切です。
そして、業者によってテンプレートを用意していることもあり、そちらを参考にしたり選ぶこともできます。
例えば、ビジネスの場合には社名や部署の他に顔写真を入れたり、裏に事業内容などを入れられるタイプが選ばれています。
ちなみに、会社によっては様式が決められている場合があり、その時には同じものを印刷してもらうことができます。
そして、プライベートで作る場合には用途や色合いなどによってテンレートから絞り込むこともできます。

 テンプレートのカテゴリーにはビジネスで使えるシンプルなタイプからかっこいいデザインやかわいいデザインなどがあります。
例えば、音楽をやっている人であれば楽器や音符が入っているものなどがあります。
これによって、もらった人もイメージしやすく印象に残ります。
そして、書体も明朝や楷書などがあり、業者によっては特殊な書体が使える場合もあります。
インターネットで申し込む場合、イメージを確認しながら依頼できるメリットがあります。
この部分は、業者によって違うためいろいろなところを比較して選ぶことが重要です。
ちなみに、以前はモノクロが一般的でしたが、現在ではカラーで作る人が増えていて印刷料金もお手軽になっているため依頼しやすくなっています。
裏表カラーにするのではなく、表だけをカラーにして裏をモノクロという選択もできます。

 そして、名刺自体の紙質も様々あります。
一般的なのが上質紙ですがマット紙やプラスチックが選べるところもあり、個性も発揮することができます。
それに加えて、より凝ったものにしたいという人はオプション加工もしています。
例えば、角を丸くしたりエンボス加工も行えます。
特に、角を丸くする加工は人気が高いオプションで、他の人との違いを出すことができます。
もちろん、加工する分料金と日数がかかるため、見積もりを取り金額をしっかりと把握しておくことが必要です。
ちなみに、テンプレートを使った場合、早いところでは印刷から納品まで最短翌日というところもあります。
そして、今後も同じデザインで依頼したいという場合に備えてCDにデータを入れて納品してくれるサービスもあります。
このサービスを利用することでよりスピーディーに印刷を依頼することができます。

次の記事へ

カテゴリー